メニュー

認知症専門デイケア ふれあい

 

チームで取り組む 認知症ケア

当デイケアは、平成3年に開設。これまで多くの認知症の方やご家族様との出会いがありました。ご利用下さった方、現在ご利用されている方に、心より感謝申し上げます。
私たち職員が大切にしていることは、「常に認知症の方にとって一番近くにいる理解者であること」です。そのために、多職種で認知症の病気の理解と対応方法を学習実践しています。認知症になり、できなくなること、忘れていくことがあると思いますが、そこに多くの視点を向けるのではなく、目の前にいる一人の「人間」として、健康な部分にも視点を向け、私たち職員は携わっています。認知症の方、ご家族様、そして職員も共に過ごす時間を大切にしているデイケアです。

デイケア ふれあいの3つの特徴

1.環 境

認知症ケアの一つとして、環境の役割を理解し、環境のもつ潜在的な力を上手く利用すること、家庭的で小規模な環境づくりをしています。廊下や部屋は、家具や古道具で認知症の方の居場所や手がかり、なじみある物に囲まれた安心感を作り出しています。「私たちが心地よくない場所は、認知症の方も同じ」という視点を常に持ち、心地よい場所の提供を目標に、日々環境改善に取り組んでいます。

2.ユマニチュード

認知症ケア「ユマニチュード」の考え方と技法を導入、取り組んでいます。ユマニチュードの哲学 認知症の方の尊厳、自由、平等を大切にし、認知症の方が人間らしい存在であり続けるよう、私たちは常に「私はあなたのことを大切に思っています」というメッセージを発信し続けます。ユマニチュードの技術の習得、学習、実践をするため、部署内勉強会も継続しております。また、日常的にケア動画を撮影し、職員間でケアの相互チェックをし、チームで認知症ケアの向上を目指しています。

 3.家族支援

認知症であるご本人様と同様にご自宅で介護されているご家族様の気持ちにも寄り添い、日頃の介護の悩み、思いを共有、理解します。ご家族様が「自分」を大切にできるよう、ご相談を承り、援助させていただきます。認知症状の軽減および生活能力の回復を目的に、活動やリハビリテーションをご提供致します。医師、看護師、作業療法士、ケアワーカーが携わります。

デイケアふれあい サービス内容

・入浴サービス(月~土)

・回想法(月1回)

・外出(デザート外出、季節折々の外出内容)

・個人活動(創作、学習、音楽)

・グループ活動(レクリエーション、音楽、運動)

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME