メニュー

お知らせ

入院患者さまの感染終息について [2022.08.29更新]
...
続きはこちら
ユリノキブログを更新しました。 [2022.08.10更新]
南の島のモチーフを作成しました!
入院患者さまの面会制限の見直し強化について [2022.07.28更新]
...
続きはこちら
入院患者さまの感染発生について [2022.07.23更新]
...
続きはこちら
外来フロアに七夕飾りを設置しています! [2022.07.07更新]
...
続きはこちら
ユリノキブログを更新しました。 [2022.06.07更新]
お花のレリーフを作成しました!
ユリノキブログを更新しました。 [2022.05.19更新]
藤の花のモチーフを作成しました!
春の風景を編物モチーフで作成しました! [2022.04.04更新]
...
続きはこちら
重度認知症デイケア「ふれあい」利用者の新型コロナウイルス感染について【第2(最終)報】3月15日 [2022.03.15更新]
...
続きはこちら
重度認知症デイケア「ふれあい」利用者の新型コロナウイルス感染について【第1報】 3月14日 [2022.03.14更新]
...
続きはこちら

入院患者さまの感染終息について

南の島のモチーフを作成しました!

ヤドカリやオウムなど南の島をイメージしたモチーフを1A病棟の患者さんと一緒に制作しました。季節ごとに制作を行っており、今回も素敵な作品となりました。

現在、外来待合に展示しておりますのでご来院の際は是非ご覧下さい。

作業療法科より

入院患者さまの面会制限の見直し強化について

入院患者さまの感染発生について

外来フロアに七夕飾りを設置しています!

お花のレリーフを作成しました!

デイナイトケアの利用者さんが私たちの身近なものを再利用し『お花のレリーフ』を作成しました。定期的に作成をしており今回も素敵な作品となりました。

どんな素材が使われているかをなぞなぞ形式にして外来待合に展示しています。ご来院の際は是非ご覧ください。

作業療法科より

藤の花のモチーフを作成しました!

5月を代表する花である藤の花のモチーフを1A病棟の患者さんと一緒に制作しました。季節ごとに制作を行っており、今回も素敵な作品となりました。

現在、外来待合に展示しておりますのでご来院の際は是非ご覧下さい。

作業療法科より

『看護の日』に花苗を贈呈しました!

 5月12日『看護の日』に合わせて近隣の保育園、小中学校に約2,000株の花苗を贈らせて頂きました。
 早速、角野保育園の園児の皆様から心温まるメッセージを頂きました。本当にありがとうございます。
現在外来待合に掲示していますのでご来院の際はぜひご覧ください。

春の風景を編物モチーフで作成しました!

重度認知症デイケア「ふれあい」利用者の新型コロナウイルス感染について【第2(最終)報】3月15日

重度認知症デイケア「ふれあい」利用者の新型コロナウイルス感染について【第1報】 3月14日

学生さんが実習で集団栄養指導を実施しました!

 2月14日から25日の間、広島文教大学人間科学部人間栄養科の学生さんが管理栄養士臨地実習に来られました。
 2週目にはDNCたんぽぽの利用者さんに、便秘について栄養指導を行いました。便秘について悩まれている方はとても多く、皆さん興味津々で、熱心に聞いていました。利用者さん、スタッフとも楽しく勉強ができ、有意義な時間を共有できたと思います。

寅のモチーフを制作しました!

2022年の干支である寅の編み物モチーフを1A病棟の患者さんと一緒に制作しました。季節ごとに制作を行っており、今回年末年始の制作は今までで一番大きく素敵な作品となりました。

現在、外来待合に展示しておりますのでご来院の際は是非ご覧下さい。

入院患者様の面会制限の見直し強化について(1月7日)

クリスマスの飾り付けをしました!

今年は病院入り口や外来待合室などにクリスマスの飾り付けをしました。

病院に来られた際はぜひご覧になってください。

 

 

 

入院患者様の面会制限の緩和見直しについて(12月1日~)

入院患者様の面会制限の緩和について(12月1日~)

第5回 ユリノキ研修会開催について

感染対策強化について(8/11~当面)

感染拡大を受け、愛媛県では本日8月11日から当面の間、県独自の警戒レベルを県内全域で最も高いレベルの「感染対策期」へと引き上げました。
当院も感染対策強化として下記項目について見直しを行いますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします(8月11日より当面の間)。

① 入院患者様へのご面会について
引き続き、ご面会は原則中止とさせていただいています。タブレット面会についても当面の間は中止とします。
*緊急時等については事前の個別相談とさせていただきます。
*ご不明な点につきましては、病棟担当者までお問合せください。

② 入院患者様の私物や洗濯物等の受け取り、受け渡し方法について
従前と同様の病棟入口前で行いますが、受け取り受け渡しは手短に行えますようご協力お願いします。
*患者様の状況説明は原則お電話でご報告いたします。
*ご不明な点につきましては、病棟担当者までお問合せください。

 

*愛媛県公式ホームページ>(8月11日9時現在)愛媛県内の状況 引用

当法人職員の新型コロナウイルス感染疑いについて【第2(最終)報】 5月23日

当法人職員の新型コロナウイルス感染について【第1報】5月20日

5/10~お荷物の受渡し方法の変更について

当院病棟職員の新型コロナウイルス感染について【第6(最終)報】4月30日

当院病棟職員の新型コロナウイルス感染について(第5報)4月26日

当院病棟職員の新型コロナウイルス感染について(第4報)4月21日

当院病棟職員の新型コロナウイルス感染について(第3報) 4月20日

4/20~お荷物の受渡し方法の変更について(洗濯物含)

2021年4月20日から当面の間、感染対策の為、お荷物等の受渡し方法を変更します。ご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

 

受渡し場所 :休日夜間入口

       ※直接、受渡し場所までお越しください。

日程(平日):14時~16時

  (土曜):10時~12時

       ※日祝日は対応不可となります。

 

基本的に前日までに病棟担当者へ予約連絡をお願いします。

当日の急なご来院についても、可能な限り対応できるよう検討していますが、場合によってはお待ち頂くことになりますのでご了承ください。

指定時間外についても同様です。お手数をお掛けいたしますがよろしくお願いします。

ご不明な点につきましては、病棟担当者までお問合せください。

当院病棟職員の新型コロナウイルス感染について(第2報) 4月18日

当院病棟職員の新型コロナウイルス感染について(第1報)4月17日

3/11_入院患者様の洗濯物の取り扱い方法の見直しについて

1/26_入院患者様の洗濯物の取り扱い方法変更について

11/26_第4回 ユリノキ研修会 開催のお知らせ【ご応募はこちらから】

11/11_広報誌「こころ」秋号を発刊しました!

9/3_感染症対策実施医療機関『みんなで安心マーク』を取得しました。

8/27_当院の新型コロナウイルス感染症対策について

7/30_広報誌「こころ」夏号を発刊しました!

5/11_新型コロナウイルス感染症対策についてのお願い【来院者制限】

4/27_広報誌「こころ」春号を発刊しました!

3/6_新型コロナウイルス感染症対策についてのお願い【来院者制限】

ユマニチュード研修会を実施しました!

2月15日13時30分より、当院にてユマニチュード研修会を開催しました。
 当院には2名のインストラクターと、1名のユマニチュードインストラクター研修を受けたスタッフが在籍しています。今回その3名のスタッフからユマニチュードについて説明がありました。3時間を超える研修となりましたが、参加したスタッフにとって、ユマニチュードの4つの柱である『見る』『話す』『触れる』『立つ』や、心をつかむ5つのステップを通して、患者さんを尊重し、患者さんに合った看護・ケアを模索する良い機会になりました。
 今後もこういった研修を通して、ユマニチュードの技法を当院の看護・ケアに活用していきたいと考えています。

新型コロナウイルス関連肺炎に関するお知らせです。

広報誌「こころ」冬号を掲載しました!

『地域の皆さまと十全ユリノキ病院 こころのクリスマス会』を実施しました!

12/25(水) 14:00から、当院外来ホールにて、『地域の皆さまと十全ユリノキ病院 こころのクリスマス会』を実施しました!
今回も角野中学校の合唱部と生徒会役員の方にご参加いただき、合唱とダンスを披露してくれました。
合唱部の皆さんの合唱では、澄み渡る歌声に参加された患者さんだけでなく、来院された方やスタッフも聴き入る様子でした。
生徒会役員の皆さんのダンスは、若さ溢れるメリハリのある動きに拍手が巻き起こりました。

患者さんスタッフともに、良いクリスマスとなりました。
角野中学校の皆さまありがとうございました!!

 

 

 

 

 

第3回 ユリノキ研修会を開催しました!

 11月30日(土)愛媛県総合科学博物館にて「第3回ユリノキ研修会」を開催し、100名を超える参加者にお集まりいただきました。この研修会は認知症の方にかかわる関係職員向けの研修会で、今年で3回目となります。

 今年は「骨粗鬆症と骨脆弱性骨折の実際~多職種連携の時代~」をテーマに、十全総合病院 整形外科部長 松尾 真嗣先生を講師としてお招きし、高齢者に多い「骨脆弱性骨折」や骨粗鬆症の予防や治療の大切さについてご講演いただきました。
「骨粗鬆症」は①骨強度の低下②骨折リスクの増大をもたらす疾患と位置付けられているそうです。高齢者に多い大腿骨の骨折は、骨折から寝たきりになったり、大きな機能障害を残すと言われており、決して軽視できる病気ではありません。骨折後の5年生存率が約60%と言われており、これは全がんの5年生存率58%と同じ割合とも言われているそうです。そのため骨折予防として、骨粗鬆症の治療を継続していくことはとても重要であるというお話しでした。高齢者の中には認知症になる方も多く、認知症により治療やリハビリが思うように進まないなどのリスクもあるため、日ごろから「骨折を予防する」事が大切です。

 第2部のシンポジウムでは、理学療法士や管理栄養士、看護師等の立場から「高齢者の骨折をいかに防ぐか」をテーマに、各施設での取り組みや対応時の工夫について紹介いただきました。質疑応答の時間には短時間ながら、興味深い質問が寄せられました。
 参加者された方には貴重な時間になったかと思います。ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

   

 

ユリノキ研修会 開催のお知らせ【11/28 更新】

『地域の皆様と十全ユリノキ病院 こころの交流会』実施!

『第59回 角野校区文化祭』に参加しました!!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME